宮崎市のリフォーム・小工事・
住まいの困った即解決!
電話
電話でのお問合わせはこちら

浴室シャワーヘッドの水漏れ対処法

みなさんこんにちは!宮崎市リフォーム専門店の「住まいのお直し隊」です。

本日のコラムはお風呂のシャワーヘッドの水漏れ対処法について書かせていただきます。

 

お風呂場のシャワーヘッドは、年数が経つとパッキンが劣化して、水の止まりが悪くなります。

少量の水漏れの対処法を軽視していると、水道代金が高額になるケースも。

パッキンを交換する場合、まずは止水栓を閉めて水が出ないようにします。

そして、シャワーヘッドのキャップ、ネジを外していきます。工具を使ってナットを軸を外すとパッキンが付いています。

内部の水垢などの汚れもきれいに取り除きます。

 

 

新しいパッキンに取り換えて、外した時と逆の順番で戻します。パッキンは、外径が合っているものを選ぶ必要があります。

サイズが合っていないと、パッキンを新しくしても再び水が漏れてしまう恐れがあるからです。

止水口の先から水が出てくる場合は、水栓を取り換える必要があります。

 

また、サーモ付きシャワー水栓の水の止まりが悪い場合は、切替レバー部品の取替えを行います。シャワーヘッドの水漏れだと思ったら

シャワーホースも劣化している場合などもあります。ご自身で修理することが難しい場合は、専門業者に相談することをおすすめします。

シャワーヘッドの寿命は、約10年くらいだと言われています。ご自宅のシャワーヘッドが、替え時かどうかについても専門業者に相談することができます。

 

浴室リフォームの施工事例はコチラ↓

https://sumaino-onaoshitai.jp/reform/type/bathroom/