宮崎市のリフォーム・小工事・
住まいの困った即解決!
電話
電話でのお問合わせはこちら

リフォーム時期の築年数

家は一生の大きな買い物です。
購入される方は何軒もまわって納得する家を選ぶはずです。
しかし、その家がどんなに立派であっても一定の年数が経てば部分的に傷みが生じ、リフォームしなければならなくなります。
どのくらいの築年数からリフォームが必要なのでしょうか。
今回は、リフォームの時期について紹介します。

 

築10年経ったら要観察

リフォームの時期は、築年数10年ぐらいから見ておく必要があります。

まず傷みやすいのが水回りです。
キッチン、風呂、トイレなど水があるとカビや素材に傷みが生じやすいのです。
多少の故障であれば、応急処置で数年は持ちますがやはり限界がありますので時期を見ながらのリフォームがおすすめです。

 

築15年経ったらあらゆるところに支障が!

築年数15年経つとあらゆるところに支障が出てきます。

天気の変わりやすい地域であれば屋根が早く傷みますし日の当たらない周りの建物に囲まれた家は、内装にカビが発生しやすいです。
温度差や乾燥がある地域に家がある場合は、壁が傷みやすいので注意が必要です。

 

海が近いと劣化が早い!?

早くて築年数10年くらいから支障が出るのですが、海の近くに住まれている方はその半分で、家が傷んできます。
原因は潮風によるもので、家に付いた塩は金属を錆びさせます。
海の近くに住まれている方は、リフォームの際には潮風に対応した素材や塗料を使用することをおすすめします。