宮崎市のリフォーム・小工事・
住まいの困った即解決!
電話
電話でのお問合わせはこちら

浴室リフォームの流れが分かります!手すりやシャンプー置き台など、使う人に優しい浴室の完成です!

浴室が寒い…

新しくてきれいな浴室にしたい…

バスタブを広くしてゆったり浸かりたい…

 

いつも当たり前に使っている浴室ですが
この機会にリフォームを検討してみませんか?

でもうちの浴室もリフォームできるものなの?

そんなお客様のために、先日行った浴室リフォームの流れを
全公開致します!

 

【施工前】

床のタイルは滑りやすく、壁もタイルになっていたので
冬はとても寒くて全体的に古い造りになっていました。

 

【既存バスタブ撤去】

古いバスタブを撤去するために、床などを壊していきます。

この時は、少し大きな音がすることがあります。

 

【天井撤去】

タイルで出来た浴室にユニットバスを設置する場合、
天井の高さが足りなくなることがあり、その場合は撤去します。

 

【生コン打設】

新たなユニットバスを設置するために、土台となるコンクリートを
敷き詰めます。

 

【床・壁・バスタブ取付】

給水や給湯、排水設備を接続し、ユニットバスの床、壁、バスタブを
設置します。

 

【入り口枠取付】

新しいユニットバスの入り口を取り付ける為に、
新たなドアに合った枠を取り付けます。

 

【完成】

シャンプーなどが置ける台が据え置きされ、鏡や手すりの充実など
使う人に優しい浴室の完成です。

施工日数は全部で5日間でした。

床も滑りにくくバスタブも広く、とても使いやすい造りに、
きっとご満足いただけます!