宮崎市のリフォーム・小工事・
住まいの困った即解決!
電話
電話でのお問合わせはこちら

洗面台の寿命や交換時期

洗面台は基本的に長く使えるものであるため、寿命がどれぐらいあるのかを意識することは普段あまりないでしょう。
しかし、当然のことながら洗面台にも寿命があり、適切な交換時期というものも存在します。

 

洗面台の寿命は20年程度

ではまず洗面台の寿命に関しては、最も多く見られる陶器製の洗面ボウルの場合だと20年程度は持つと言われています。
ただし、これは大切に扱った場合の寿命であるため、場合によっては5年程度でヒビが入ってしまうこともあるでしょう。
そして構造が複雑に出来ているものや、使用する家族の人数が多い場合も、寿命が短くなってしまう可能性があるため、その点も考慮しておきましょう。

また、洗面ボウルの寿命は20年程度でも、パッキンなどの部品は消耗品なので定期的なチェックや交換を行う必要があります。

 

10年使ったら交換の検討を!

次に交換時期については、たとえ壊れていなくても10年ごとに取り換えることを検討するとよいと言えます。
というのも、家族のあり方が変化する時期は10年周期で訪れると言われているため、それに合わせてリフォームを行えば、より使い勝手のよい洗面台にすることができますし、清潔さを保つことも可能になるからです。

また、年に1回は状態をチェックするようにしておけば、劣化具合を把握できるため、壊れる前に交換を行うことが出来るでしょう。

 

洗面台の寿命や交換時期