宮崎市のリフォーム・小工事・
住まいの困った即解決!
電話
電話でのお問合わせはこちら

水回りのリフォームで気をつけるべきこと

家のリフォームを考える時にはまず水回りからになるのが一般的です。
水回りは日常生活に大きくかかわってくる場所だからであり、ここが快適だと生活の質は自然と高くなるでしょう。

 

重要なのはタイミング

では水回りのリフォームにおいて気をつけるべきことは何があるでしょうか。
まずはタイミングを見極めることです。

一般的には15年から25年がリフォームをする目安だと言われていますが、築20年を過ぎると白蟻による土台や下地材の腐食が進んでいる場合が多くあります。
タイミングが早いのは勿体ないし、遅いと費用が嵩んでしまうのでよく注意してタイミングを計りましょう。

 

水回りリフォームの注意点

そして、水回りのリフォームに関していえば、設備や建材の劣化時期だけで考えてはいけません。

つまりお風呂やキッチンでは設備が壊れたり使い勝手が悪くなってくることでそろそろ新しくしようとなりますが、例えばトイレでいえば、便器の寿命は陶器が割れない限りということになるのです。
しかし便器が割れるまで使えるか、と聞かれたらそうではありませんよね。
20年くらいになると黒い輪染みが出来たりパッキンなどが傷んだりして使いにくくなってくるでしょう。

リフォームでは設備の寿命と時期は一致しないことも往々にしてあると知っておきましょう。

 

なるべく費用を抑えるには?

また、水回りのリフォームでは関連工事をまとめて行うと効率があがって費用も安く済むケースが多いです。
今年はトイレ、来年はキッチン、そして再来年は風呂場とやるのではなくて、一気に片付けることでパック料金になる場合もありますから覚えておきましょう。